どんな役割があるのか

書類を書く

企業法務の役割は、会社を経営する上での各種活動・業務において法律に基づき、適切な処理を行うことにあります。企業内に法務部を設置したり、外部の弁護士を雇用したりする場合も多いでしょう。しっかりと法律面に対策を施すことで、契約トラブルを未然に防ぎ、発生してしまった問題についても処理しやすくなります。昨今は特に企業の不祥事や不道徳なふるまいは、激しい批判に晒されやすくなってきました。逆にコンプライアンスを大切にし、クリーンで信頼できる企業は評価される傾向にあります。世間や取引先から信頼を得るためには、法遵守の考え方は重要性を増しているわけです。東京では企業も多く、各種活動も活発ですから、企業法務への対策は要検討となります。

色々な法律が企業活動に関連してくる

男性たち

法律順守は大切ですが、だからと言って自身で勉強するのは物凄く大変です。民法や会社法は条文だけで千を超えてきますし、これに判例や法解釈の問題が加わり、非常に複雑なものとなっています。契約に関しては民法、企業の運用には会社法が欠かせませんが、実際には他の法律も重要性は低くありません。従業員を雇う上では労働法、クリーンなビジネスを行う上では独占禁止法や著作権法など、企業法務に関しては高度かつ幅広い知識が必要になってきます。東京では法務部を設置するケースも多いですが、その余裕がなければ顧問弁護士をリサーチしておくのが良いでしょう。

コスト削減にも役立つ

相談

企業法務を充実させることで、不要なコストを削減できる期待があります。東京ではパワハラやモラハラと言った裁判も多いため、コンプライアンスを強化することで、このようなトラブルを未然に防げる可能性が高まるはずです。結果的に賠償請求などのリスクを避けられる結果、長い目で見ればコストカットにも役立つと言えるでしょう。なおコスト削減と言う観点では顧問弁護士契約も注目されています。既存の法務部から置き換える企業もあるようです。

自社にあったものを選ぶ

握手

企業法務に関して顧問弁護士契約を考えるなら、自社にあった事務所を選んでいくことが大切です。東京には多種多様な法律事務所が存在し、それぞれに得意とする分野、実績がある分野が異なってきます。満遍なく色々な業務に対応できるケースもあれば、専門性があったり得意分野に特化した事務所もあるため、自社にふさわしいものを選んでいきましょう。例えばIT関係では、通信関係の法律に詳しい事務所が有利です。商品の売買取引が中心の場合には、債権回収などの民事手続きに詳しい事務所が適しているでしょう。これから起業する際には、会社設立に特化した事務所も選択肢となります。この機会に、東京の事務所をリサーチしておくのがおすすめです。

広告募集中