HOME>ホットトピックス>依頼をする際にはどんなことをしてくれるか確認しよう

担当してくれる業務はどこまでか

商談

企業の規模に関係無く、その活動を行うに当たり企業法務は欠かせないものです。ただ、企業活動においては一般的な法律と若干んお相違点があり、こうした業務はプロである弁護士事務所に依頼する事が望ましいと言えます。東京にはそうした業務に対応する事務所が多く存在しますが、依頼前にしておく事はあるのでしょうか。その代表的なものとしては、契約や活動におけるトラブルの対応や、定款・就業基礎規則の作成のサポート等があります。あくまでこれは一例で、それ以外にも幅広い分野の業務に対応している所も少なくありません。また、相談に行く前には、特に自社が足りないと思う点を伝えられるようにしておく事も必要です。

必要だと感じたら

男性弁護士

まず、企業法務が必要と感じ始めたら東京の企業に対応している事務所を探す必要があります。まずはその事務所に行き相談しますが、その際に必要な書類や伝えたい事のメモ書きを忘れないようにしましょう。それを忘れるともう一度で直さなければならず、時間のロスになります。主に必要な書類としては、身分証明書や認印、相談したい内容に関する事が記載された書類等になります。

その後の流れはどうなる

男性弁護士

そして、その後弁護士が依頼を受任したら、委任契約を結び作業の開始になります。東京の事務所は様々な所からの、企業法務に付いての依頼を一度に受けている所も多いので、時間に余裕をもって相談しましょう。その後は直接の面談や電話・メール等で連絡を取り合い、問題解決に向かっていくという流れになります。

広告募集中